体感した薄毛治療が可能な新橋のプロペシアの魅力

基本的に1年以上は服用し続けた方が良い

薄毛の悩みを解決してくれた / 誰もが発症するリスクがあるもの / 基本的に1年以上は服用し続けた方が良い

プロペシアは、基本的に1年以上は服用し続けた方が良いものです。
これには理由があって、服用初期の段階では発毛はせずにその逆で脱毛が進行するからです。
古くなっている毛髪をまずは無くしていくことになりますので、その作用として非常に脱毛が進行します。
これを初期脱毛といいますが、最初にこれを体験したときにはかなり焦りました。
本当に大量に髪の毛が抜けるので、このままハゲてしまうのではないかという心配があったのです。
しかし、医師に言われた通り継続に服用し続けると、そこから新しい毛髪が生えてきて、以前よりも強くて黒い状態になっていました。
これが、本当に驚きでした。
元々、AGAというのは人間ならば誰もが持っている男性ホルモンを原因として発症するもので、そこから脱毛物質であるDHTというものを生み出すことで脱毛します。
プロペシアは、このDHTが作り出されることを防いでくれるものなので、その効果としてまず初期脱毛という現象が発生します。
古くなった毛髪が抜け落ちた後に、非常に強い毛髪が再生してくるので本当に凄かったです。
結局、治療をしてから現在まで全く薄毛になっていませんので、本当に治療を受けて良かったと感じています。